【最終更新日:2019/05/18】

産後ケア

彩都の産後ケア・産後骨盤矯正[茨木・箕面]

骨盤矯正より大切な「産後ケア」

産後は「産後の骨盤矯正」こそが最も重要な事である。

そんな「固定観念」がTVや雑誌といったメディアを経由して産後のママに伝わりました。

そして、数多くの整骨院が「産後専門」を謳い文句にして急拡大をしました。

でも、本当に産後ママに必要なものは誰も伝えていません。

産後のママに最も必要なこと。それは「産後の全身ケア」です。骨盤矯正は「その一部」に過ぎません。

産後の骨盤は元気いっぱい

産後の骨盤矯正をしていればすぐにわかる事があります。

産後の骨盤は動きたくて「ウズウズ」している。

こちらが積極的に働きかけるまでもなく、少しのきっかけを与えれば勝手に動きます。

産後の骨盤は「動きたくて仕方が無い」状態です。世の中でいう程「慎重に取り扱うべき関節」では無いのです。

少なくとも自然分娩の産後ママにおいて「頑固に固定した骨盤」を私は見た事がありません。

むしろ「勝手に動いていく」骨盤ばかりでした、

ママの身体は別の意味で疲れ切っている

ママの身体は300日以上に渡る「妊娠生活」の中で疲れ果てています。

それは「骨盤」ではなくもっと広い範囲、全身です。

妊娠によってママの身体は「赤ちゃん最優先」の姿勢へと切り替わります。ママの事は二の次です。

成人女性としての健康的な姿勢は失われ、「赤ちゃん(子宮)を守る為の姿勢」へと切り替わります。

これがママにはとても大きな負担となるのです。

そして、この流れは赤ちゃんの成長に伴いゆっくり進んでいきます。ある意味、出産の間際まで「変化する歪み」と同居し続けているのです。

これがママの身体に「緩やかに定着した歪み」であり、産後のママが向き合うべき課題なのです。

骨盤の歪みはその一部に過ぎません。

「本来のからだ」を取り戻す

産後のママに知ってもらいたい事。

産後は骨盤矯正ではなく産後ケアに目を向けるべきという事。

産後に本当に必要な事は「妊娠前のからだを取り戻す事」であり、それは骨盤矯正だけでは足りません。

  • 全身の椎間板を開放し
  • 全身の筋肉を再調整し
  • 全身の神経を再設定する

産後のママは全身が「妊婦さん」の状態を引き摺っており、ゆっくりゆっくりと元の状態に戻ろうとしています。

300日以上に渡って浸透した変化の為、「はい戻りま~す」と戻る事ができないのです。

ですが、日常はママを待ってくれません。

  1. 保育園の為に仕事復帰を考えるママ
  2. 上の子の世話もあり、日常への復帰を急ぐママ
  3. 周囲が待ってくれないというママ

いずれにしても「ゆっくりしている暇が無い」点では共通です。

出産後、ゆっくりする時間を与えられないというのは「社会問題」だと思いますが、そんな綺麗ごとを言っている場合でもありません。

とにかく「身体を安全に復活させる」事が必要です。

そして、それが当院の伝える「本来の身体を取り戻す」という事です。

茨木・箕面彩都で産後の骨盤矯正をお探しの方はお気軽にご相談下さい。

産後の骨盤矯正の出張エリア

※彩都内から少し範囲を拡大しました!

〇箕面

彩都粟生南/彩都粟生北/粟生間谷/粟生新家/小野原/白島/萱野

〇茨木

  • 彩都あさぎ/彩都やまぶき/
  • 新郡山~井口台
  • 茨木市山手台~新町/東町(タマスマートタウン茨木)

〇摂津市

  • 千里丘新町(健都)

return top