【最終更新日:2020/01/19】

産後の骨盤矯正

茨木・箕面彩都で産後の骨盤矯正と産後ケア

産後骨盤矯正の費用

自然分娩のママ

総額18,000円(施術2回)

自然分娩のママは産後の骨盤がとてもイキイキしており、全身調整の途中で骨盤は綺麗に整います。1回目で調整を行い2回目で定着を確認します。問題無ければそれで卒業です。

「戻りやすい」のは骨盤単体の施術を短時間で行う場合です。

帝王切開のママ

総額37,500円(施術5回:回数券価格)

帝王切開のママは身体にメスが入っていますので、自然分娩のママとは勝手が違います。この場合は切開部を中心に全身の筋肉バランスが崩れていますので、骨盤よりも「崩れた筋バランス」の再調整が必要です。腹圧が抜けた状態を放置しているとぎっくり腰や椎間板ヘルニアを引き起こすリスクが高くなります。子供の抱っこに身体が対応できないのです。

この場合、施術を急ぐと状況が悪化するだけですので、5回に分けて身体の回復と歩調を揃えます。

俊カイロの産後骨盤矯正の特徴

当院の産後骨盤矯正のテーマは「彩都に本来の骨盤矯正」をです。私が師匠から受け継いだ「骨盤矯正」を彩都で暮らすママへ提供しています。

整骨院/接骨院さんの産後骨盤矯正と何が異なるのか。それについて簡単に紹介していきます。

1.骨盤単体の検査で状況確認をします

一般的な整骨院/接骨院さんでは写真を撮ったり、膝の高さ、足の長さから骨盤の歪みを判断されていますが、その検査だと膝関節や股関節に問題があると正しい検査結果が出ません。そこで当院の場合は骨盤そのもの(腸骨/仙骨/坐骨)を検査して歪みを確認していきます。

  • 骨盤の上下運動
  • 骨盤の捻じれ運動
  • 立位・座位・側臥位ごとの骨盤の動き

大切な事は「骨盤に動きがあるか」「左右の動きは均等か」「あらゆる方向に動いているか」です。足首や膝でも確認はしますが参考にする程度です。あくまで骨盤単体での動きに注目して正確な検査を行います。

2.矯正方向は8方向から絞り込む

一般的な整骨院/接骨院さんの場合は矯正方向は「上/下」の2方向です。当院の場合は8方向から矯正方向を絞り込みます。それが本来の骨盤矯正です。上下2方向での矯正は「時間が限られる場合」の応急処置として用いられますが、後日必ず8方向の絞り込みから正確な骨盤矯正をする事が鉄則です。

8方向の矯正角度を見極めるにはそれ相応の「神経検査」と「筋力検査」が必要となります。その為、施術時間が長めになってしまうとお考えください。

3.骨盤を取り巻く環境を先に整える

骨盤の歪みは骨盤単体で起こるものではありません。必ず「骨盤に繋がる筋肉と神経」が関わってきます。その為、まずは「骨盤自体の問題」と「骨盤が巻き込まれてるだけの問題」を切り分ける必要があります。それを行わずに骨盤を矯正すると「身体全体の抵抗」を受ける為、力で押し切る必要が出てしまいます。

それは危ない。

そこで、骨盤を巻き込んでいる筋肉と神経を先に調整する事で、骨盤単体の歪みを炙り出し矯正しやすい状況にします。

パキポキの誤解

骨盤矯正で最も誤解を受けているのが「パキポキは危ない」という事です。今や「パキポキしない」と書いただけで患者さんが集まる時代になりました。

実は産後ママの骨盤が「パキポキ」と鳴る事は殆どありません。TVやYoutubeでパキポキと鳴っている産後ママの骨は「腰骨」です。つまり骨盤矯正ではなく腰椎矯正という別の施術になっているのです。

どうしてそうなっているのか。それは目的が「パキポキ鳴らす」事になっているからです。「痛い・怖い」の理由は殆どがこれです。力を集めるのではなく「鳴らす為に」ただひねる。それはもう本来の矯正ではありません。

パキポキが危ないのではなく、パキポキできない施術家が無理やり行う為に事故が起きているだけなのです。いつか関節矯正の誤解が解ける日が来たら良いなと思っています。

ご相談はお気軽に


return top