【最終更新日:2019/05/24】

産後の骨盤矯正

茨木・箕面彩都で産後の骨盤矯正と産後ケア

産後骨盤矯正の費用

自然分娩のママ

総額18,000円(施術2回)

自然分娩のママは産後の骨盤がとてもイキイキしており、全身調整の途中で骨盤は綺麗に整います。症状が少し重めの方の場合は確認の為に2回目の施術に進みますが、殆どのママは初診時で産後の骨盤は調整完了です。

「戻りやすい」のは骨盤単体の施術を短時間で行う為です。

帝王切開のママ

総額35,000円(施術5回:回数券価格)

帝王切開のママは身体にメスが入っていますので、自然分娩のママとは勝手が違います。この場合は切開部を中心に全身の筋肉バランスが崩れていますので、骨盤よりも「崩れた筋バランス」の把握と再調整が必須となります。

この場合、施術を急ぐと状況が悪化するだけですので、5回に分けて身体の回復と歩調を揃えます。

こなす度に感じる産後の骨盤矯正

彩都に「本来の骨盤矯正」を。

せめて、彩都には「本来の骨盤矯正」を受けられる土壌を。

そう感じた事から「茨木・箕面彩都の産後骨盤矯正【出張版】」のサービスが始まりました。

あくまで吹田市千里丘の本院の予約に空きがある時限定ですので、そう多くの枠がある訳ではありません。

ですが、彩都に住んでいるご縁です。子育ての街「彩都」だからこそ本来の「骨盤矯正」の専門家であるカイロプラクターの骨盤矯正を「受けたい人は受けられる」環境であって欲しいと思います。

箕面・茨木彩都に純粋なカイロプラクターが根を下ろしてくれるまでは、出張ではあるものの当院がその役割を担うつもりです。

彩都の街に
「本来の骨盤矯正」を。

私の願いはただ、それだけです。

お申し出ありがとうございます。

「テナントを紹介するから店舗を持ってほしい」

この様な大変ありがたいお申し出を頂くこともありますが、当院が彩都に支店を出すことはありません。

当院はあくまで「吹田市千里丘」に根を張ったカイロプラクティック院であり、たまたま「箕面彩都」で暮らしていたからこその取り組みです。

「この人なら間違いない」

そう思える施術家の方が彩都に根を下ろした時点で、彩都の産後の骨盤矯正からは撤退します。

〇院はこちら

吹田、摂津千里丘の痛みや痺れなら俊カイロ

提供するのは「カイロ本来の骨盤矯正」です

産後の骨盤矯正で多いのが施術時間が20分~30分を週2回というスタンスです。

正直、この時間だと会話、検査や経過確認だけで終わります。施術は「検査抜きの流れ作業」になるか「骨盤だけを狙う施術」になるはずです。

つまり「時間相応の内容」になります。

これでは「その人専用の骨盤矯正」は到底無理です。「オーダーメード」なんてありえません。

何より「骨盤だけの調整」という概念自体がありえません。骨盤は肩甲骨と同じく「要の骨格」であり「筋肉の中継基地」です。常にその影響は全身に及びます。本来の産後ケアは全身に必要なのです。

ただ、産後の骨盤を矯正する。理由は出産で開いているから。

それはカイロプラクティックにおける「骨盤矯正」とは全く別物です。

  • 全身の状態を検査する
  • 骨盤の状況を把握する
  • 必要な施術・矯正を行う

これが本来の産後の骨盤矯正/産後ケアであり、それはとても「手間暇のかかる手仕事」です。

当院の場合、骨盤を含めた「全身調整(産後ケア)」となりますので120分必要となります。

>>産後骨盤矯正の費用について

「専門外の人」が骨盤矯正の主役となる時代

今、骨盤矯正や産後の骨盤矯正を「主な業務」として行っているのは国家資格をお持ちの方達です。

  • 柔道整復師
  • 鍼灸師
  • 理学療法士
  • 作業療法士

でも、実はこれらの有資格者の方達は「骨盤矯正の専門家」ではありません。むしろ「骨盤は動かないでしょ」とずっと言い続けてきました。

その一方で「骨盤=仙腸関節は動く」とガリレオ・ガリレイの様に言い続け、骨盤矯正を100年に渡って磨き続けてきたのがカイロプラクティックです。

ですが、産後の骨盤矯正の臨床現場に「純粋なカイロプラクター」は殆どいません。

それは何故か?

カイロプラクターにとって「骨盤矯正」とは「施術の一部」に過ぎないからです。

私達カイロプラクターにとって「骨盤矯正=仙腸関節矯正」とは施術全体における「重要な1要素」であり、それだけで施術は完結しません。

むしろ、骨盤矯正から施術が本格的に始まると言っても良いくらいです。

ですが、一般的な「産後の骨盤矯正」はただ「骨盤矯正」が目的となっているのが現状です。

カイロは心配しつつ、様子を見ていた

我々カイロプラクターには骨盤だけを狙う「産後の骨盤矯正」がどうしても理解できません。

  1. 骨盤だけ矯正してどうするの?
  2. え?そこで終わらせていいの?
  3. 楽にはなるだろうけど、、、違うんじゃないかな

多くのカイロプラクターがそう感じつつ「産後の骨盤矯正」という1大ビジネスから距離を置いて傍観している状況です。

産後の骨盤矯正は「骨盤矯正の専門家」が知らないところで生み出されたビジネスです。

そして、その主役となっているのはそもそも「骨盤矯正は専門外」である人達なのです。

彩都に正しい身体の知識を

産後の骨盤矯正を10回1セットで受けている産後ママから話を聞いていると、殆どのママが同じ様な意識で通院されています。

  • そう言われたから信じていた
  • 急がないと駄目だと思っていた
  • そういうものだと思っていた

雑誌やTVを見て「産後の骨盤矯正」は必須のものだと特集が組まれ、一般的に10回程度の通院、週2ペースから徐々に予約ペースを伸ばしていくといった「基本の流れ」が金太郎飴の様に産後ママに提供されています。

これはもう情報提供側も「産後の骨盤矯正」や「骨盤矯正」を良く分かっていないまま記事にして特集を組んでいます。ですが、産後ママにはそれを見分ける術がありません。

  • 雑誌に掲載されている時点で事実
  • TVで特集されている時点で事実
  • ネットで解説されている時点で事実

メディアからの情報でどんどん「固定観念」がママの中で育てられるのです。

不安や焦りを煽り、その心に便乗する様な今の「産後の骨盤矯正」の流れはどうしても賛同しかねます。

だからこそ「せめて彩都には正しい産後骨盤矯正の情報を」と強く願います。

骨盤に限るなら「1~2回」で終わる

骨盤矯正は本来「何度も行うもの」ではありません。あくまで「施術全体の一部」です。

ですので、カイロプラクティックにおいては「その日、その場で整える」事が基本です。通って整えていく関節ではそもそも無いのです。

帝王切開だけは例外

帝王切開で出産をされたママの場合、腹圧の抜けが尋常ではありません。慎重に腹圧を取り戻していく必要があります。

ここで焦って「先を急ぐ」と急激な変化にママの身体が耐えきれず「腰が抜ける」状態が起こりやすくなります。身体にメスを入れる影響はママが思っている以上に大きいのです。

産後の骨盤矯正よりも「産後ケア」を大切に

彩都の産後ママに伝えたい事。

それは「産後」に拘るべき身体のケアは「骨盤矯正」ではなく「からだ全体のケア」という事です。

骨盤矯正自体は帝王切開でない限り、それ程問題ではありません。問題なのは「300日で定着した歪み」です。

妊娠期間中は「赤ちゃん最優先」の身体となりますので、ママ自身にとってはとても「不自然な姿勢」となります。それが300日間の間で少しずつ浸透していくのです。

赤ちゃんの成長に合わせて歪みも徐々に大きくなる為、ママはその「不自然な姿勢」にゆっくりゆっくりと馴染んでしまうのです。

この「馴染んだ歪み」を解消する事が産後ママにとって最も重要な産後ケアとなります。

茨木、箕面彩都で産後の骨盤矯正/産後ケアはお気軽にご相談下さい。

 

return top