【】

丘学園の生徒さんをみて「正しく歩く」無くして「正しく走る」は不可能だと再確認した。

今日もまた一つ勉強になりました。

マラソン中の彩都の丘学園生徒さん

今日、娘のお迎え前に少し時間ができたので「粟生北鉄板ルート」を使って股関節の歩行練習をしていました。

本当にこの道はいい。

今回は買い付けたばかりの健康ミサトっ子を履いて。早速靴擦れならぬ草履ズレをした。痛い。

粟生北の坂道を登って、なないろ公園の階段を下りて駐車場に向かって歩いていた時。

「お~い、○○!チャレンジ中?ファイト!」

と「やまぶきルート左分岐?」付近から登ってくる生徒さんが応援されていた。

「チャレンジとな?」

そういう取り組みがあるんだろうな。僕が中学生の時も「ミニ・中・大」という3ルートのマラソンコースがあった。良く走ったもんだ。

やっぱり走り方がO脚だった。

一番気になったのがここ。5~6人くらい見ていましたが、皆わかりやすいくらいの「O型走法」になっています。足を地面に叩きつける縦型走行です。

これでは身体が前に跳ねないから前に進まないし身体が重たいだろうに。

そんな彼らは正門のところで休憩していた。どうやらタイムアタックをしていたようだ。

女の子も皆そうだった

そんな男子勢を眺めつつ、今度は丘学園左分岐ルートに進んでいると後ろから女子がマラソンでやってきた。

この道も実にいい

今度は肩走行だ。

走る時に肘で重心移動のきっかけを作れないから、肩で無理やり作っている。結果としてO型走法になって縦型走法となる。そりゃしんどい。

やっぱり正しく歩ける身体を作らないと走る事ができないままになる。

やっぱりまずは「歩く」の学習だ。

それを再確認させられた。

いつか「プチサポ」しよう

今は忙しいのでプチサポができずにいますが、いつかクラブ活動でプチサポをしてみたい。どのクラブという形では無く「将来、全国区の選手になりたい人」というスローガンで集めて、やってきた子達に本来の歩行から伝えていく。その先に本来の走行だ。

からだの使い方を誰にも学ばないまま成長すると、偶然気付けた子は「センス」「才能」とされ、そうでない子は「才能が無い」「凡人」とされる。僕はそれが大嫌いだ。

全員の基礎を平等に整えて、誰もが可能性を持った状態にする。他の学校が驚くくらいに彩都の丘学園の子達は安定感が違うと。そう言われるようにしたい。

今は忙しいから、時間ができたらしよう。

「時間ができたら」って、一生やらん人の鉄板ワードかもしれないけど。。。。。

彩都で産後の骨盤矯正を

トシオとイクミの俊カイロプラクティック院では彩都で暮らすママ向けに産後の骨盤矯正の出張施術を「出張料無料」にて承っています。何故なら院長が彩都住まいだからです。

茨木、箕面彩都にて産後の骨盤矯正をご希望の方は御気軽にご相談下さい。平日の10時~13時の間であれば比較的予約が取り易くなっています。週末をご希望の場合は第1・第3日曜日の「日曜枠」が狙い目です。金土は基本的に「キャンセル待ち」のみですのでご注意下さい。

産後の骨盤矯正の出張エリア

※彩都内から少し範囲を拡大しました!

〇箕面

彩都粟生南/彩都粟生北/粟生間谷/粟生新家/小野原/白島/萱野/箕面森町

※箕面森町はグリーンロード代(往復)を頂戴します。

〇茨木

  • 彩都あさぎ/彩都やまぶき/
  • 新郡山~井口台
  • 茨木市山手台~新町/東町(タマスマートタウン茨木)

〇摂津市

  • 千里丘新町(健都)

return top